読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起きやすい金銭トラブルランキングを知って予防ガイド

お金・金銭トラブル

edb63eb20641617ff97123a512471ded_s

金銭トラブルには様々なトラブルが存在します。

どのトラブルも人間関係が原因でと言えるでしょう。

 

友人関係、恋人関係、上司と後輩、夫婦、親子、関係性を問わず発生するものです。

人間関係の悪化を防ごうとしたばかりに、とんでもない金銭トラブルに発達することも珍しくはありません。

 

借金が原因の金銭トラブルでも「日常生活に困って仕方なく」と言うものばかりではありません。

投資、出資、支払、ギャンブルなど利益関係に関する事も少なくはないのです。

 

お金に絡む問題は、多種多様で大小問わず日常的なトラブルと言えるでしょう。

 

脅迫された、騙された、粘着された、詐欺にあったと言うような、個人では対処ができないような被害も日常的起こるのが金銭トラブルなのです。

 

金銭トラブルの種類

47de268d504eff87ad8a92f4dc592de6_m

金銭の貸し借り

金融関連などからの金銭の貸し借りは、法律や過去のトラブルをもとにマニュアル化しています。

そのため、ルールを守る限りトラブルは起こり難いものです。

 

問題なのは、個人間での金銭の貸し借りです。

親しい間柄の場合、人間関係を悪化させないために借用書を作成しないことが殆どです。

 

催促をしても「待ってほしい」と言われ支払いを伸ばされてしまう事も少なくありません。

貸した金銭を回収できないだけでなく、人間関係が壊れてしまう事も多いです。

 

連帯保証人

連帯保証人は、金銭を借りた債務者が返済をしている限り関係はありません。

しかしいざ滞ると、利息や違約金、損害賠償金などの全ての債務に対し返済義務を負います。

家族や友人が独立を行い、事業資金を準備する際の保証人を頼まれ断れないと言う人も多いです。

 

事業が順調であるうちは、問題ありませんが、失敗した場合には個人で処理しきれない状態に陥ってしまうのです。

 

金額が多く、よほどのことでない限り連帯保証人になると言う人はないため、トラブルになる金額は大きいですが滅多に発生しないと言えます。

 

詐欺や脅迫

脅されたり、騙されたり等の不当な手段によって金銭を要求されるものです。

振り込み詐欺なども有名ですが、日々手口が巧妙になっています。

 

また最近急増しているのは、携帯・スマートフォンを利用した詐欺です。

詐欺サイトへの誘導や、詐欺アプリのインストール等によって金銭を要求されることが増えているのです。

 

婚姻関係に伴うトラブル

金銭トラブルで一番面倒だと言えます。

関係性が破綻していても、一緒に貯蓄した金銭関係、二人の関係性、子供等様々な要因から金銭に関わる取り決めが必要になってくるため、非常に厄介と言えます。

 

弁護士に相談? 金銭トラブルランキング

3d194f227e0ea4020f722971e84596a0_s

自分だけでは、判らない?

弁護士事務所に質問する人達の金銭トラブルランキング。

 

10位、同棲による金銭トラブル

同棲時の金銭トラブルの多くは、生活費・家賃・家事労働の分担に納得いかないためのトラブルが多いです。

 

時には財布からの金銭・クレジットカードの引き抜き等の悪質なものまであります。

同棲中の金銭トラブルは、話あいや同棲解消で解決します。

 

そのため、弁護士に対する相談は金銭に関するものより、その後の方に重点が置かれます。

63b1d6a67a5bf44f43ab82d83923c7ec_m

同棲解消時に問題となる金銭トラブル

・金銭的に楽だった状態に戻りたいためにストーカー行為に発展。

・同棲が解消されたことで、付き合っていた間の費用請求。

 

同棲時の金銭トラブル予防

同棲相手との関係性を平等に行う事です。

生活費・家賃等を負担してもらっているなら、家事労働等の労働で対価を支払えばよいのです。

 

「愛があるから甘えても良い」「愛があるから甘やかす」ではなく、長く付き合うためには対等な関係が大切なのです。

 

この場合の対等とは、世間一般的に変わっていると言われても、本人達が納得しているなら問題ありません。

 

シッカリと同棲の際に話し合、自分たちのルールを決めてトラブルを回避することが大切です。

付き合っていた間の費用は贈与となるため、請求に応じる必要は全くありません。

 

9位、別居中の金銭トラブル

別居中の金銭トラブルにも、さまざまなケースが存在します。

・別居している実家・義実家との金銭トラブル

・別居中の生活費などの金銭トラブル

 

義実家に関わる金銭対策予防

一般的に警察も法律も不介入となっています。

だからこそ二人で徹底して話し合い納得し関係を築いていく必要があります。

 

「別居中の義家族への送金」等は、同意を得ていても不満となるものです。

話し合いだけではいけません。「当たり前」と思ってもいけません。

 

お互いへの労わりや感謝を忘れないことが、トラブル回避に繋がります。

 

別居中の金銭トラブル対策

別居中の生活費請求に関しても、最初に金銭的ルールを明確にしておくことが大切です。

別居中の生活費(婚姻費用)の金額は夫婦の合意により決定します。

 

離婚前提の別居であっても、夫が再試に生活費を渡さないことは法律的に禁止されています。

 

婚姻費用の夫婦間合意が決裂 → 調停で合意成立せず → 家庭裁判所の審判

 

話し合いの決裂は、非常に面倒な状況を巻き起こします。

 

家庭裁判所での婚姻費用の決定要因

・別居の期間と理由

・婚姻関係の破綻、有責の割合

・当事者の収入

・妻の就労、家事労働

・子の養育費

 

婚姻費用の分担義務は「別居解消し同居」「別居を解消し離婚」まで続きます。

 

8位、不倫による金銭トラブル

不倫関係時の金銭トラブルは、金銭の貸し借りに対する相談が殆どと言えます。

e1943564da8c59c251b0311afac0d519_s

不倫関係で金銭トラブルを起こす人の特徴

人間関係を現実的にとらえてはいません。

何処か夢見がちとなり苦しい「禁断の恋」に酔ってしまい思考能力が低下します。

そのため、普通であればしない金銭トラブルにも発生するのです。

 

不倫の金銭トラブルはあきらめが多い

不倫中の金銭トラブルが、非常に問題となりやすいのは理由があります。

金銭の返済を請求することによって不倫関係がばれてしまうからです。

そのため不倫関係における金銭回収はリスクが大きいため諦める人が多いのです。

 

7位、恐喝

恐喝とは?

人の暴力を振るう、弱みに付け込む、暴力団を仄めかす、業務妨害、名誉棄損等で脅しながら金銭を要求することを言います。

 

この場合、金銭を要求しない場合は恐喝にはあたらず、相手を怯えさせることで脅迫にあたります。

恐喝と言う言葉自体が既に金銭トラブルを意味します。

 

対処法

脅迫・恐喝による金銭要求は、不意の事故のようなもので予防は難しいです。

あえて予防方法をあげるなら、日常的に気丈な態度をとっておくことでしょう。

 

恐喝・脅迫の対処方法は、殆どの弁護士は、

事実確認を明確にしたうえで警察に相談した方が良いと答えます。

悩む必要はありません証拠をそろえて即相談してください。

 

金銭を貸した側の恐喝・脅迫の悩み

金銭の貸借があり返済を迫る場合、非常にデリケートな問題となります。

乱暴な態度で挑めば、金銭を貸していても脅迫罪や強要罪で訴えられてしまいます。

 

金銭を返してほしい場合は、まずは内容証明を送り支払いを促します。

それでダメな場合は裁判を通じて返済要求・財産の差し押さえを検討する事が良いとされています。

 

その場合、自らの返済要求が正当であると示す借用書(返済期限・金利等の取り決めあり)をシッカリと作っておくと良いでしょう。

9ac3e1478643bed0a0007e74427cfa46_s

6位、ネットによる金銭トラブル

ネットで多い金銭トラブルは以下のような内容です。

・個人オークションの金銭トラブル。

・ネット上で知り合った相手との金銭

 

ネットで金銭トラブルが起こる訳

相手が本当に実在しているのかどうか不明確なままで金銭取引が進むところにあるのです。

身元情報を知っていることが、金銭トラブルを避けるために最も重要なのです。

 

ネットでの金銭トラブル予防

商品取引での金銭トラブル

相手の個人情報・商品情報・取引情報等も保管しておくことが大切です。

口コミや評価などにも非常に役立ちます。

e94866feab5b33bf40c17e3c43d50572_s

個人間の金銭トラブル

ネットで知り合った人物との間の金銭の貸借・投資等は避けた方が良いです。

避けようのない場合には、免許証のコピー、振込証明書、借用書等を準備しましょう。

 

ネットの場合、不確かな事が多いです。

大切なのは「損失が諦めきれるか?」と言う覚悟です。

 

5位、男女関係による金銭トラブル

bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_m

男女の間で多い金銭トラブルの順位は以下の通りです。

 

1位、お金の貸し借り

2位、プレゼントや食事などの金銭問題

3位、金銭価値観の相違です

 

1位、2位に関しては、交際関係が継続している限りは影響ないと言えます。

しかし、交際を解消してしまうことで状況は一転してしまいます。

 

男女関係の解消と金銭トラブルの危険性

金銭の返還を求めようにも連絡すら取れないということも少なくはありません。

このような相手とは別れてよかったと、人生の授業料と割り切れるなら良いです。

 

しかし、別れた相手に貸した金銭が返ってこないと言うのは、非常に腹立たしい事でしょう。

また、借りた方も「腹いせ」「慰謝料」「付き合ってあげた感謝のお金」等と開き直る場合も多いのです。

 

男女間の金銭トラブル予防策

このような場合も、金銭を貸したことを証明できれば返還請求が可能です。

借入れを証明できるものは、振込明細、メールのやりとり等でも通用します。

 

プレゼントや食事代は、民法上「贈与」となるため返還要求は成立しません。

 

価値観の相違は話し合いしか方法はありません。

お互いの妥協点を探りあうことが長く関係性を続けるために重要なため、存分に話し合いを行ってください。

 

4位、友人関係の金銭トラブル

6887de188869f9e4e5dc851fcbf33dd4_m

友人関係におけるトラブルは、男女間以上に問題となる事が多いです。

なぜなら借りる側が金銭を借りる際に割り切っているからです。

 

「Aなら○万円くらいなら踏み倒しても許してくれるだろう」

「Bとなら関係が切れてもいいから、最後に○万円借り貰いしよう」

「子供同士が仲良しだし、返さなくても問題にできないだろう」

 

と言う割り切った考え方があるためです。

一般的に、友人にまで金銭を借りると言う事は余程の非常時です。

 

普通は、親兄弟、親戚、夫婦、恋人と自分を理解してくれる相手へと頼むものです。

友人にお金を借りるのは、その借金に正当な理由がないという事が多いです。

 

ギャンブルでの使い込み

パチンコの場合、「○万円負け続けたから、そろそろ勝つはず」と言う心理状態に陥ります。

しかし「パチンコでお金を無くした」と、普通なら金銭の要求はできません。

しかし、友人関係であるなら

 

「○万円パチンコで負けてお金が無くて困ってさ、家族に見つかると大変なんだよ」

と、家族に秘密にしたい借金として成立してしまう事が多いのです。

 

このほかにも、風俗、連帯保証人、収入に合わない浪費、浮気等が家族に隠したい借金として友人関係を頼ってくる人が多いです。

 

友人関係の金銭トラブル予防

【返済期限と返済がない場合、家族に伝える】と書かれた借用書に効果があります。

これに同意されない場合は「あげたものとして諦める」または「断る」と自分の中で決めておいてください。

 

3位 詐欺による金銭トラブル

7049d21f365f6c1656d5509bc1f7c0d6_m

金銭の貸し借りは、一般的には民法上の債務不履行になります。

刑法上の詐欺罪にはなりません。

 

「○×と言う状況(条件)で、お金を貸します」

 

この○×に「給料日までの1週間食費がない」と言う理由でお金を貸していたとします。

しかし、借りた側は、1万円を持っていました。

 

「(食費さえないと言う理由で)お金を貸したのに嘘だったから詐欺だ!」

 

と言う事にはなりません。

なぜなら、お金を返す可能性が残っているためです。

 

詐欺の定義

金銭トラブルを詐欺として立証するには【最初から金銭を返すつもりがなかった】と言う事実確認と証拠が必要です。

 

詐欺罪は、強盗・脅迫・恐喝等とは異なる面を持っています。

詐欺罪は、騙された側の落ち度も考慮され、客観的な証拠がないことには法的には対処されないのです。

5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s

お金を搾取される側は、詐欺と認識していても法的には詐欺とならないものは数多くあります。

 

マルチ商法、不動産詐欺、投資詐欺様々なものがありますが、どれも立証が難しいのが現実です。

原価10円のものを1000円で販売したとしても、本人が納得して購入したとされるため詐欺とはならないのです。

 

また投資などに置いても、絶対儲かる等と言うことはありません。

そのため詐欺として立証するのはとても難しいのです。

 

詐欺による金銭トラブル予防

・安易な儲け話や、不釣り合いな結婚は無しに注意をしましょう。

・自分だけは絶対に騙されないと言う思い込みは捨ててください。

・即断即決を行わない。

・他人の意見を参考にする。

 

2位、結婚による金銭トラブル

結婚生活が始まるとなれば、毎日の生活等金銭が絡まない事はありません。

これらの多くは、金銭的な価値観の違いにより発生します。

9aef278cae81a32f274c08555a8a84dd_m

また、結婚してから借金がある事に気づいた。

実は浪費癖があったと言う事もあります。

 

結婚後の金銭価値観によるトラブル予防

シッカリと話しあって価値観の妥協点と解決策を気長に1つ1つ対処していくことが大切なのです。

双方との実家との関わりの全てにも金銭が関与してきます。

 

今後長く連れ添う夫婦関係を第一に考え、対処することがトラブルを解消するコツです。

 

これらは、トラブルと言うより長い時間を共に生きるための通過儀礼と言えます。

結婚をする際の1番大きな、そして1番多い金銭トラブルは結婚式なのです。

 

 

結婚式は金銭トラブルが沢山

結婚式会場には、相手との取引は一生に一度だけと割り切って極端な費用を請求する式場があります。

 

ブライダル業界では、下記3つの常識が存在するのです。

 

・見積もりは安く、契約後にオプション追加

・サービス料は別途請求

・あらゆるものに名目を付けて請求

 

見積もりを行い仮契約の時点で内金を支払います。

そして、追加や別途料金に不満が出てきたとしても、多大なキャンセル料がかかるため、容易にキャンセルできないのです。

 

金銭トラブルの多い式場を見極める

広告費さえ出しているのですから、広告が悪い評判を流すと言うことはありません。

同様に情報誌等もわざわざ悪い情報を広める事はありません。

 

ここで、重要なのは実際に利用した人の【口コミ】【評価】です。

 

式場の名前に トラブル、後悔、詐欺、最悪 等ネガティブな言葉を加えて検索してみてください。

匿名ならではの生々しい情報が掲載されています。

 

1位、離婚と金銭トラブル

d1c197acb6ddc8ed0234eea6aefe9b86_s

離婚時のトラブルの7割が金銭トラブルで、内容は下記のとおりです。

 

・財産分与問題

・養育費問題

・慰謝料問題

 

財産分与

財産分与は双方が所持している財産を正確に申告する必要性があります。

しかし離婚を前提としているのですから、話し合いは非常に難しいです。

 

例え財産を半分にしても、離婚後の生活が出来ない。

不動産等の財産等もあり半分に分ける事が難しい。

 

こんな理由からも、財産分与がきっちりと半分に分けられている訳ではありません。

 

財産分与の話し合いは「財産はいらないから離婚をしたい」と言う離婚でもない限り、精神的にとても負担の多い話し合いが続くものです。

財産分与を話し合う際のポイントは、下記のとおりです。

 

・最初は、自分の生活や最低限死守したい案を練ったうえで話し合いを行います。

専業主婦が子供を引き取る場合には、離婚後の生活を安定させるために扶養的財産分与が支払われる場合があります。

 

・家賃や生活費などで行った借金の場合は、財産分与の対象となります。

しかしギャンブル等の場合は保証人になっていない限り、財産分与の対象になりません。

 

・財産分与の受け取りは、現実に可能な範囲で早く受け取り終了になる設定が良いです。

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s

養育費

親は子供に対して生活保持の義務があるため「養育費は払わない」等という言葉は通用しません。養育費支払いの義務期間は20歳までです。

 

また、その金額の受け取りは分割払いが一般的とされます。

養育費の相場は1人でも2人でも4万円以下が一番多いです。

 

養育費の金額は離婚成立時の経済状況によって決定されます。

もし話し合いで決定しない場合は、家庭裁判所に離婚調停申し立ての際に話し合いを行ってください。

 

養育費が継続して支払われているのは全体の20%以下になっています。

取り決めた養育費を確実に受け取るには、最低でも離婚公正証書として書面に残す事です。

離婚公正証書があることで、養育費の不払い時には強制回収が可能となります。

cc527be72a7b523e6cd1a4ec3f5d6db2_s

離婚慰謝料

離婚の原因である側の配偶者が、もう一方の配偶者に対して離婚にかかる慰謝料の支払い義務を負う事を言います。

 

離婚慰謝料に多いのは配偶者の不貞行為、次に多いのはDVなどの暴力行為です。

離婚慰謝料の相場は、一般的に50~400万円の範囲内と言われます。

中心帯の慰謝料金額は200~300万円と言われています。

 

離婚慰謝料の手続き自体は難しくはありませんが、証拠を確定するための興信所費用・弁護士費用などを考えた場合、容易ではなくなります。

※興信所と弁護士費用で慰謝料が消える事も多いです。

 

離婚慰謝料を決定する場合には、財産分与や養育費、支払い能力等により全体のなかで検討されます。

 

離婚慰謝料が分割払いの場合に、支払いが停止してしまう事も多いです。

その場合は、離婚協議書や離婚公正証書の残す事で回収が可能となる場合があります。

 

 

離婚と言うだけで精神的なダメージが大きいものです。

しかし現実的な生活と言う面を考えた場合、感情だけで離婚するのではなく十分な金銭的な話しあいが必要になります。

 

これらの取り決めに自信がない場合は、弁護士に相談してみると良いかもしれません。

自分ひとりで悩むよりも専門家の意見を聞き、力を借りる方が、良い結果に繋がるはずです。

 

まとめ

金銭トラブルのほとんどの対策は一緒だと言えます。

自分をシッカリと保ち、断るべきことは断り、伝えるべきことは伝え、話あいを大切にすることが重要です。

 

迷ったなら、金銭のやり取りを行う前に第三者の意見を聞くことが、問題の回避に繋がるでしょう。

 

金銭トラブルは実のところ対人トラブルの延長でしかありません。

第三者に相談することで解決することも多々あります、決して一人で抱え込まないでください。