薬代が下がる「ジェネリック医薬品」についての基礎知識

皆さん「ジェネリック医薬品」ご存知ですか?これをうまく活用すると、病院で処方される薬代をかなり減らすことができます。たまに風邪をひくくらいならいいですが、慢性的に病院へ通っている人は治療費がバカになりません。医師ではないので、使用者の目線からジェネリック医薬品について考えてみたいと思います。

ジェネリック医薬品って何?

ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」とも呼ばれていて、新しい薬の特許が切れた後に、他の製薬メーカーが製造できる同じ効果で安い薬になります。

言うまでもなく新薬の開発にはお金がかかります。開発した人(医薬品メーカー)が開発費を回収して利益が出るまでは独占的にその薬に販売が認められています。

要は、オリジナルレシピを開発したレストランしか一定期間そのメニューの販売をすることができず、10年以上経過して初めて細かいレシピが公開されて他のレストランでも作れるようになる、といったイメージでいいと思います。

長期間使用して重篤な副作用などがないことが確認できれば、他のメーカーも作っても大丈夫なんじゃない?ということになりジェネリック医薬品の製造が認められます。

ジェネリックがある薬、ない薬

言うまでもなく、開発承認されてから間もない薬にジェネリック医薬品はありません。新薬ですから効果は高いはず、それはしっかりとお金を払っていただくことになります。

病院からもらう処方箋にはメーカーの薬品名ではなく一般名が書いてあると思います。

例えば、花粉症などの薬として有名な「アレロック」ですが、一般名は「オロパタジン塩酸塩錠」となっているはずです。これを持っていき、「ジェネリックで」と言わなければ先発医薬品である「アレロック」を処方されるはずです。

ジェネリック医薬品お薬手帳などで書かれる名称で分かります。

例えば、上述の花粉症の薬ですが、

先発薬ならば「アレロック
ジェネリック医薬品ならば「オロパタジン塩酸塩錠(杏林)」などと書かれます。(杏林)はジェネリックの製薬会社(杏林製薬)のことで、他にも作っている会社はいくつもあります。

「薬オリジナル名」→先発医薬品
「薬一般名(製薬会社名)」→ジェネリック医薬品

です。

薬局や自治体がジェネリックを勧める意味

調剤薬局などに行くと「ジェネリック医薬品を使いましょう」という張り紙がありますし、自治体の広報誌にも「ジェネリックがあります」という広告が目につくと思います。

言うまでもなく、高齢化社会で医療費が膨大になっているので、少しでも保険料負担を抑えるためですよね。

先発薬 1000円にかかる保険からの支払いは666円(3割負担の場合)
ですがジェネリック 600円ならば保険からの支払いは400円で済みます。医療費抑制のため、同じ効果ならば安い薬にしてくださいとPRしているんですね。

ただ、無理やりこの薬にしなさいとは言えません。先発薬メーカーだって薬が売れないと困りますし、お金があればどちらを選択しても自由ですからね。


どのくらい安くなる?

実際にジェネリックにするとどのくらい安くなるのか計算してみましょう。

ジェネリック医薬品検索「ジェネリックガイド」というサイトがあります。

ここでアレルギーの薬「アレロック」(オロパタジン塩酸塩錠)を検索してみましょう。
<結果>

アレロック錠5
オロパタジン塩酸塩錠5mg「JG」 (日本ジェネリック) 29.8 円

1錠:29.8 円
1日あたりの薬価差の合計額: 29.8円
7日あたりの薬価差の合計額: 208.6円
365日あたりの薬価差の合計額:10877円

先発薬「アレロック」とジェネリック「オロパタジン塩酸塩錠(○○)」を毎日決められた量を飲んだ場合、1年間で10000円超違います。これは薬の価格なので、窓口で3割負担だと10877×1/3=約3263.1円安くなるということです。

効果が同じならばジェネリックのほうがよさそうですね。ちなみにどのくらいジェネリックのほうが安くなるのかは薬によります。半額以下になるものもあれば、8割くらいにしかならないものもあります。需要と供給のバランスで決まるのかもしれません。

ちなみにうがい薬の「イソジン」だと先発薬(イソジンガーグル)とジェネリックポビドンヨードガーグル液)では自己負担額で数円しか違いません。

参考までにイソジンの先行薬とジェネリックを並べてみました(写真左 先行薬 写真右 ジェネリック)。成分は同じですが、うがいした時の味が微妙に異なります。これは後述の添加物の違いによるものかと思います。

f:id:okanenohanashi12:20170420164639j:plain

ジェネリック薬品があってももらえない場合

調剤薬局で「ジェネリックでお願いします」と言っても処方されないケースがあります。

①先発薬しかない場合

ジェネリック医薬品自体が存在しない場合は当然先発薬のみになります。

②薬局に在庫がない場合

一般的な薬はたいてい先発薬もジェネリックもありますが、専門的な薬の場合や前述のイソジンなどでは薬局に在庫がない場合があります。眼科の近くの薬局に呼吸器系のジェネリックを置いても意味ないですし、イソジンならそれこそ数円の違いなので置かなくてもいいやという感じなんでしょうね。

③医師が「不可」にした場合

処方箋には「ジェネリック変更不可」という欄があり、そこに医師が署名捺印するとジェネリックがあっても先発薬しか処方できません。医師の判断としてジェネリックはふさわしくないと診察しているので仕方がないです。薬局もその判断を無視してジェネリックを処方して何かあっても責任が取れません。

ジェネリック薬品のメリット、デメリット

ジェネリックのメリットについては「安い」でいいと思いますが、デメリットはあるのでしょうか?

実はジェネリック医薬品は先発薬と完全に同じものではありません。

主成分は同じであったとしても、錠剤にするための添加物などが異なっていますし、先発薬=錠剤、ジェネリック=カプセルというケースもあります。

まったく同じ製法、同じ原料でなければ、100%同じ効果は出ないでしょう。結果として、薬の吸収度合いや、有効成分が分解される状況が変わってきます。そのため、薬の作用そのものが大きく変わってしまう可能性がゼロではないんです。「薬が効き過ぎ」「効果が先発薬より出にくい」、「副作用が違う」などといった差が出てしまいます。

ジェネリック医薬品は先発医薬品と効果が変わりませんと言われていますが、それは「有効性試験」で「先発品に比べ統計学的に差が無い」という結果だからで。「統計的に差がない」=100%同じではありません。統計学的では±15%の範囲を「差が無い」としていますから、実は差はあるんです。

前述の「ジェネリック変更不可」の署名捺印する医師はそういうことも踏まえて、100%確実な効果をということで「変更不可」にしているのかもしれません。

100%同じではないということはある程度のリスクがあるということです。イソジンなどのうがい薬とかでは別に問題ないんでしょうが、強い抗生物質などを処方された場合は素直に先発薬にした方がいいかもしれません。効果が強いということは副作用なども強いということですからね。

というわけで、ジェネリック薬を使えば絶対OKというわけではなく、効果に応じて先発薬と使い分ける方が結果として病気も治り節約につながるのだと思います。処方の際に「ジェネリックでもいですか?」と医師に聞いてもいいでしょうね。

ジェネリック医薬品」についての基礎知識

ジェネリック医薬品は先発薬の特許期間が切れて他のメーカーが自由に作れるようになった薬
ジェネリック医薬品は先発薬と比較して安い
・医師が処方箋の「ジェネリック不可」にサインしなければ自分の判断で調剤薬局ジェネリックを希望できる
・効果は100%先発薬とイコールではない、原材料も100%同じではない
・「統計的に先発薬と差がない」というのをどう判断するのかが重要
・先発薬のほうが確実に効いて結果として節約につながる可能性もあるかも

 

参考:

hatenanews.com

家賃は下げられる!具体的な方法を体験談でまとめました!

こんにちは。皆さんが入居しているアパートやマンションの家賃に満足していますか?実はこの賃料、下げられるんです。家賃は相対的なものなので、説得材料さえあれば、法的にも借主が下げることを主張することができます。

たまたまですが、家賃を下げることができたので、その方法について実際の資料を交えて説明できればと思います。同じ方法で皆さん行けると思います。

家賃を下げる交渉をしようと思った経緯

私が住んでいるアパートの部屋は、2年おきに2月末で更新になります。その都度10万円を超える更新料がかかり、実質家賃は毎月プラス2000円くらいであまり安くないじゃないか、と思っていました。

更新の案内は3か月前の前年12月初旬に届きます。引っ越すつもりはないので、今回も更新をなんとなくお願いすることにしました。

結局更新料は以下のようになるとのことで、まだ10万円の出費か~と思っていました。そもそも今の物件に10年以上住んでいるので、経年劣化している部分もあるんじゃないの・・・と感じていました。「お得意様」なのだから、少しは家賃を下げてくれればいいのに・・・。

f:id:okanenohanashi12:20170420164217j:plain

合計更新料102,200円 
家賃 50,000円
のままです。

ところがなんとなく、私が住んでいるアパートの名前で検索していると、隣の部屋と1階の部屋(私の部屋は2階です)の物件が、マンションサイトに出ているではありませんか!
慌ててページを見ます。すると

205号室(私の隣) 40,000円
103号室(1階)   38,000円

「えーーー」1万円安いじゃん、何それ。

しかも私のアパートの2階は私の部屋以外(私の部屋は角部屋)ロフト(屋根裏)付きなんです。大学を卒業して今のアパートに引っ越すとき、本当は203号室(ロフト付き)55,000円に入居する予定が、手違いで(すでに契約されていて)、仕方なく206号室になったのを思い出しました。その際、「50,000円にしますから」と言われました。ロフトがないんだから安くて当たり前です。

しかし、同じアパートで
ロフトなし50,000円>>ロフトあり40,000円

は明らかにおかしいでしょう。

というわけで納得がいかないので値下げ交渉をすることにしました。

借地借家法で家賃値下げが可能

色々なサイトを見て調べました。まぁ、よくある「キュレーションサイト」では素人ライターが書いているので、しっかり弁護士など法律の専門家が書いているサイトを複数見つけて調べました。

例えば

賃料の減額ができる場合 :[大阪弁護士会総合法律相談センター]

借家問題>解説 | 神奈川総合法律事務所

などでしょうか。

これによると「借地借家法32条」(借賃増減額請求権)というものがあり、借主も正当な理由があれば、貸主(大家さん)に家賃の減額を請求できるというものです。

正当な理由とは

①土地・建物に対する租税その他の負担の増減
②土地・建物の価格の上昇・低下その他の経済事情の変動
③近傍同種の建物の家賃水準との比較など

を総合的に考慮するらしいです。

私の場合③は絶対に当てはまりますので(隣のロフト付きより1万円高いのだから)、「行ける!」と思いました。

実は、家賃の増減を請求できない「定期借家」という制度があるらしいのですが、実際にそれを適用している物件は数%で、要は○年経過したら出て行ってくれというものです。私の物件は「更新しますか」と案内が来ますのでそれには該当せず、家賃の減額を請求できます。

誰に宛てて家賃の減額を請求するかですが、本来は大家さんなのでしょうが、私の物件は管理会社が管理していますので(大家さんには一度も会ったことがない)、管理会社の担当者向けに書面を送りました。

送ったのは

①減額請求のお願い
②近隣の物件のページを印刷したもの(今回は隣の205号室と1階の103号室の家賃が出ているページ)

隣の部屋が1万円安いのにおかしいでしょう?と言い逃れできなくするためです。

お願いの文面は以下の通り。プライベートな情報は消していますのでご了解ください。また、205号室のマンションサイトのキャプチャーもつけておきます。これを印刷して一緒に送ります。

f:id:okanenohanashi12:20170420164244j:plain

f:id:okanenohanashi12:20170420164255j:plain

f:id:okanenohanashi12:20170420164304j:plain

一方的に「家賃がおかしいんだよ。減額しろ!」ということもできますが、一応「更新自体はします。ただし、隣の部屋と比べてどうなの?下げてもらえませんか」と控えめなニュアンスです。引っ越しができる人ならばもっと強気に出てもいいと思います。

ちなみに、減額請求をしたことを理由に「出て行ってくれ」とは大家さんは言えません。法律で認められている権利ですから、法律で守られます。

これを内容証明付き郵便で出すのが定石だったようですが、私は普通郵便で出してしまいました。しっかりした管理会社なので「届いていません。内容が確認できません」ということはないと思ったからです。

でも、本当は内容証明付き郵便で送るべきものだと思います。そこは反省ですね。

家賃が下がる

しばらくするとアパートの管理会社から電話がかかってきました。

「書面いただきました。確かにそうですね。ただ、当方が家賃を決めているわけではなく、大家さんが決めたものを代行しているだけなので、この書類を大家さんに送って交渉してみます」

という返事でした。きつい口調ではなくこれなら減額してくれるかしれません。大家さんもそこまで頑固な人ではないと何かに機会に管理会社の人から聞きました。

1週間後再び管理会社から書類が届きました。

f:id:okanenohanashi12:20170420164315j:plain

おお、下がっています。

家賃 50,000円→40,000円

それに伴い、更新料も 102,200円→86,842円 と15,000円下がっています。ロフトのある205号室と同じ40,000円なのはまだ納得がいかない部分もありますが、角部屋だしまあいいや、ということで家賃40,000円で再更新することにしました。

このように家賃は下げることができます。更新のタイミングでなくても可能ですが、更新時のほうがなんとなく借主が強気に出られそうです。

ポイントは

①周囲の物件(できれば同じ建物)の家賃を証明できるものを見つける(マンション物件サイトなどのページを見つけて印刷する)。
②しっかり「借地借家法に基づき減額請求します」と書く
③できれば内容証明付き郵便で送る

でしょうか。特に②はしっかり書かないと、「法律行為」になりません。借主に認められている法的な権利なのだから堂々と行使します、という姿勢を見せないと付け込まれてしまいます。こっちは家賃という対価を払っているのですから、大家さんや管理会社におもねる必要はありません。

周囲の物件のほうが明らかに安いのならば、自分は不当に高いお金を払って周囲と同等、それ以下のサービスを受けているのはおかしいですよね。

日常生活で法律に触れること、自分で法律を使う機会はあまりないですが、これはやっていただいて損はない節約テクニックです。

今回これによって

家賃(50,000円‐40000円)×2年=240,000円
更新料 102,200円‐86,842円=15,358円

合計 255,358円 が節約できるんです。もうやらない方がバカみたいですよね。もう一度、借家の方は皆さんの物件の家賃が適当なのか確認してみてください。家賃は下げられるんです。

家賃は下げられる!具体的な方法 まとめ

借地借家法によって借主は家賃の減額請求ができる
・減額請求には合理的な根拠が必要
・周囲の同じような物件や同じ建物の他の部屋の家賃を調べる
・アパート、マンション紹介サイトで探してみる
・自分の部屋より安い部屋が見つかればその部屋が掲載されているページを印刷する
・書面で具体的な根拠を示して(マンションサイトのページも同封して)「借地借家法に基づき」としっかりと記述する
・できれば「内容証明付き郵便」で送って言い逃れができないようにする
・管理会社を通している物件はまず管理会社に送る
・減額請求したことを理由に立ち退かせることはできないので安心して減額請求する

 

参考:

www.homes.co.jp

 

キンドルで電子書籍本の出し方※費用はいくらかかる?体験談付き

自分の本を出してみたい、そういう思いを持っている人、結構いるんじゃないですか?でもそんなことできるわけない、出版社にコネもないし、第一、自分の本なんてそもそも売れるわけない。自費出版なんてした日にはそれだけで破産してしまう~、結局あきらめてしまう人もいるかもしれません。

そこで、本を印刷する手間や材料費がかからない電子書籍で発行するというのはいかがでしょうか?具体的には、Amazon電子書籍Kindle」(キンドル)という方法があります。今回はこれを紹介します。費用を安くして自分の本を世に広げるチャンスです!

Kindleキンドル)って何?

Amazonで本を買ったことがある人ならわかるともいますが、通常の書籍版の横に「Kindle版」と書かれたものがあり、値段も数分の1の物があると思います。これがAmazon専用の電子書籍版(Kindle版)になります。電子書籍は色々ありますが、Kindleamazonでのみ購入可能な電子書籍のデータになります。

Kindleを読むには?

Kindle版の書籍を読むには専用の電子書籍リーダーが必要になります。電車の中などで大きなタブレットを操作して文章を読んでいる人を見かけたことはありませんか?

おそらくその中には電子書籍リーダーを持っている人もいるのだと思います。

電子書籍リーダーの価格は約10000円~25000円と決して安くありません。タブレット端末としても利用できますが、機能は限定的です。それは、OSがAndroidではなく「Fire OS」だからです。ネットなども見られますがyoutubeの機能も制限されています。

一方で、Amazon関連のサービスならばこれで大丈夫です。つまりKindle版の書籍を読むだけではなく、amazonプライムビデオやプライムミュージックなどを聴くこともできます。amazonに特化して、他にも多少ネットなどができる専用端末とご理解ください。

「でもそれだけでこの価格は高い」という人もいますよね。もちろん、PCやスマホで読むこともできます。その場合、無料アプリをDLしておく必要があります。

Kindle (モバイルアプリケーション)

スマホ用のアプリ
iOS版 / Android

Kindle for PC

PC版アプリ

Kindle for Mac

マッキントッシュPC用アプリ

Kindle Cloud Reader

ブラウザ版アプリ。


つまり、Kindle版の書籍はスマホやPCがあれば安い電子書籍の価格で読むことができるというわけですね。

 

Kindleはどう出版する?

Kindleの概要についてこれで理解できました。いよいよどうやって出版するかになります。

Kindle ダイレクト・パブリッシング

Kindleで本を出版するためには「Kindle ダイレクト・パブリッシング」(KDP)というシステムを利用します。これは誰でも利用することができるサービスです。

ファイル形式

KDPで利用できるファイル形式は以下の通りです。

Word:docまたはdocx
HTML:圧縮されたHTMLのzip、.htmまたはhtml
ePubepub
XMDF:圧縮されたXMDFのzip

表紙はjpg等で作成します。

普通に文章を書いてそれを出したい(小説や評論)の場合

①docで文章を作成
②jpgで表紙を作成

①+②をePubに変換してアップロードするという流れになります。これは実際にやっていただくしかないと思うのですが、細かいことはamazonのHPを読んでいただければと思います。

ロイヤリティの設定

出版ですから売れれば印税が入ります。目指せ!夢の印税生活!なわけですが、KDPでは印税のレートが2種類あります。

・35%
・70%

つまりKindle版1000円の物が1冊売れたとして、上だったら350円、下なら700円が印税として入ります。誰だって70%を選択しますよね、でも条件があります。

ロイヤリティ35%(残り65%はamazon

・他の電子書籍書店でも販売が可能(楽天koboiBooksストアなど)
・最安価格で販売が可能(99円)

ロイヤリティ70%(残り30%はamazon

・コンテンツはアマゾンのみで販売(他店での販売不可)
・販売価格は250円以上
・最大5日間の無料キャンペーンができる

電子書籍とはいえ、知らない人の本に250円以上出せる人はそういません。つまり最初は売れたという実績を作るためには最低格を設定できるロイヤリティ35%のほうがいい場合もあるんです。これは皆さんの判断のしどころだと思います。

内容の審査

検閲ではもちろんなくて、アダルトな内容や見せられない写真がないかどうかのチェックは入ります。出版社を介さないわけですから、こちらはご了解ください。

なお印税率は販売開始後でも変更が可能です。

売れたらどうするの?

KDPはアメリカのamazonのサービスなので、印税からアメリカの税金が引かれたものが入金になります。

なお、日本だけではなく世界のamazonでも販売は可能です(登録時にどの国のamazonで販売するのか選べます。販売しないのも可能で、それぞれ価格を設定しまし。尤も、日本語で書いた知らない人の本はまず売れないでしょうが・・・)。

実際に売ってみた

f:id:okanenohanashi12:20170418103204p:plain

実は筆者は、このKDPを使って本を出しています。ただし、自分でやっているのではなく、出版社経由で行っています。

なお、Kindle版のデータをそのまま、オンデマンドで印刷して、ペーパーバックで売るサービス「プリント・オン・デマンド(POD)」というものもあります。これは本当に本での出版ができ、また印刷は都度amazonが行うため在庫を抱えなくて済むという画期的なシステムです。

ただし、製本は同人誌に毛が生えた程度の装丁になりますが、実際に本としてあると感慨深いです。これは個人ではできないサービスになります。

実際のKindle

筆者はワード(doc)で書いたデータを出版社に渡しました。表紙のjpgは出版社のほうがいくつか作成してそれを私が選びました。

データを提出して校了となり、数日でamazonに本が並びました。

 

これがその画面で、Kindle版324円というのがわかりますよね(300円+税)。

加えて価格の上にある「紙の本の価格1296円(1200円+税)」がプリント・オン・デマンド(POD)版の価格になります。表紙も本ですよね。地味ですが私が出した大切な本です。

どのくらい売れた?

私自身がKDPを使ったわけではないので、売り上げ管理は出版社が行いました。

5月に発刊して12月上旬までの売上は

ペーパーバック版 37冊
Kindle版 20冊

でした。ちなみに出版社と交わした印税契約は売り上げの10%でしたので(出版社から出す本の出版なら一般的な印税です)

ペーパーバック版:1200円×10%×37冊=4440円
Kindle版:300円×10%×20冊=600円

計5040円となりました。

正直に言うと全く儲かるものではないと思います。おそらく印税70%で販売したのだと思いますが、出版社の方で営業をかけて売れたのがこの冊数です。

自分で書いてただamazonに載せるだけでは、よほどキャッチーな内容でなければ売れず、検索にも引っかからないでしょう。

ですので、これで儲ける、印税生活だ!というものではなく、個人だけで電子書籍という形だが出版した、という実績が作れて、しかも自費出版のように100万円以上の持ち出しが全くない、というのがKindleでの出版最大のメリットだと思います。

お金をもらって自分の文章や創作品を見てもらうことの大変さを少しでも緩和できるのが、キンドルでありKDPなんですね。

節約して創作品を世に出せる、あわよくば印税も・・・というのが、Kindleの正しい使い方になります。

もちろん、読む場合は紙よりも安い電子書籍で節約になりますので、本を読む、買う方でも積極的にKindleを活用してみてください!


キンドル電子書籍本の出し方※費用はいくらかかる? まとめ

Kindleキンドル)はamazon専用の電子出版サービス
・専用の電子書籍リーダー端末か専用アプリのDLLが必要
・出版したい場合は「Kindle ダイレクト・パブリッシング」(KDP)を利用する
・すべて個人で行うことができる
・データをアップロードする形で入稿する
・持ち出し費用は掛からない。つまりタダ
・印税は35%か70%から選択できる
・印税率によってメリットデメリットがある
・ただしそれほど売れるものではない(実体験より)

 

参考:

www.hitode-festival.com

東京都民限定、大阪府民限定、都道府県限定で受けれるサービスってあるの?

日本人は「限定」という言葉に弱いのですが、都道府県でそこに住んでいる人「限定」のサービスというのは果たしてあるのでしょうか?もちろん、「●●市は税金が安い」ということはあるのでしょうが、税金とかではなく目に見える形でそこに住んでいる人が受けられるサービスです。

こういうものは積極的に周知しているわけではないので(だって税金の持ち出しが増えるから)、「知る人ぞ知る」というサービスになっていることが多いです。どんなものがあるのか(ないのか)、ここでまとめてみたいと思います。

各地限定、居住者限定サービス

各自治体、都道府県ごとにあるのは「融資」「創業支援」「子育て」「福祉」の4分野でしょうか?ただ、これはこのサイトを見る方にはあまり興味がないと思います。

融資であれば、都道府県独自の融資で利息が安い(銀行や信金から借りるよりも)というもの、子育てならば出産一時金や不妊治療助成など、福祉ならばお年寄りに無料パスやマッサージ券などが思い浮かびます。

何らかの原因で障害を負ってしまった方へのサービスは以下のサイトでまとめられています。参考になさってください。

障害者手帳で行こう!~全国版~

 

精神障害者保健福祉手帳で受けられるサービス


東京都民限定サービス

ディズニー割引パスポート

東京都民だけではなく、神奈川県や千葉県など関東一都六県+山梨県の在住、在勤の人は平日ならば入場料が1000円引きになる、ディズニーランド・ディズニーシーの入場パスポートがあります。ディズニーの入場券は結構高いですからこれは助かります。

大学生などは有効活用できるんじゃないですかね。

【平日限定】首都圏ウィークデーパスポート | 東京ディズニーリゾート

 

東京都関連のモニター

都民限定のアンケートモニターです。1回当たり500円程度の謝礼ですが、暇な人なないよりマシだと思います。興味があれば是非。

都政モニター|東京都

平成29年度都営交通モニター応募要領 | 東京都交通局


その他

・東京都消防局モニター
・警視庁モニター
・都税モニター

などが実施されたこともあるようです。興味がある人は応募してもいいと思います。

 

障害者政策

身体・知的・精神の各障害者手帳を持っている方は、障害者控除やバス半額、映画1000円などのサービスを受けることができますが、特に東京都在住で障害者手帳をお持ちの方は、以下の特徴的なサービスを受けることができ、意外と知られていません。

 

①都営交通無料乗車証

都営地下鉄、都営バス、都電荒川線日暮里・舎人ライナーに無料で乗れる定期券をもらうことができます。PASMO形式でもらうことができ、チャージも可能です。

無料なのは都営交通だけですので、JRや東京メトロ、私鉄は正規料金を払うことになります。都営と他の路線を乗り継ぐ場合は、PASMO形式のほうが得です。

www.kotsu.metro.tokyo.jp

 

②東京都障害者休養ホーム事業

東京都と提携している旅館、ホテルの宿泊補助券が出ます。1年に2回まで利用できます。

障害者 大人6,490円まで(子ども5,770円)
付き添い者 大人3,250円まで

予約の流れは面倒ですが、合計10,000円の補助になりますので、使ってみるといいでしょう。提携宿泊施設が少なく、またバリアフリーのホテルが多いです(要は車いすなど体の不自由な人&その家族向けが多い)が、うつ病精神障害者手帳3級の人なども問題なく利用できます。

www.ans-t.com


大阪府民限定サービス

私が調べたところ、税金や創業関係以外での府民限定サービスは見つかりませんでした。すみません。


結局、全国で唯一黒字(地方交付税交付金をもらっていない)東京都だけが「都民サービス」として、一般的なサービス以上のものを提供できるのだと思います。

都内は家賃も高いですから、節約できるものは大いに活用したらいいと思います。

都道府県限定サービスってあるの?

・各自治体には独自の融資、福祉制度などがある
・ただし「○○県民限定」という形でそこに住んでいる人ならだれでも、というものはほとんどが東京都で他はない
・東京は赤字ではない自治体なので、それだけ付加サービスに回すだけの余力がある
・等級が低い障害でも各地で受けられるサービスがあるので探してみるとよい

 

参考

suginami-lovers.asahi.com

アニメオタクのための節約術を考えます~声オタも必見!

アニメやマンガ、声優好きのオタクの皆さんは、何かとお金がかかってしまいますよね。入ってくるもの(収入)は変えられないので、出ていくものを工夫するしかありません。そのためにはどのようなことができるのか少し考えてみました。

イラスト共通サイトを積極的に活用する

pixivなどにイラストをアップすれば無料でコミュニケーションを取ることができます。もちろん、著作権法の範囲内ですので注意が必要になります。ある意味「黙認」されている部分もあるので節度を持って楽しむのが大切ですね。

 

ネットカフェ、マンガ喫茶の活用

最近はマンガ喫茶はマンガだけではなくアニメのDVDを置いているところも増えてきました。ある作品を見るためだけに行くというのもいいですが、せっかくなので自分が見たことがない作品にもチャレンジしてみましょう。

定額で様々な作品を楽しむことができるのは節約にもつながりますし、大きな魅力ですよね。

 

お店に入る前に買うものを決める

なんとなく本屋やアニメショップに入ると、ついつい散財してしまうことがあります。お店でふらふらするのみ楽しいですが、やはりある程度見通しを立てている方が結果的に満足できる買い物になると思います。

 

ネットでアニメ視聴をする

ネットでアニメ視聴をすると節約じゃない、という人がいますが間違っています、違法アップロードを見るのはよくないですが、最近は「Dアニメストア」などの配信がかなり主流になってきています。

月額500円程度で新作アニメが見放題。昔の作品もたくさんラインナップに入っていますので、レンタルショップでDVDを借りるよりもお得です。TVでなかなか見られない分はそこで補うことができます。また、放送されない地方の人もネットなら観られますからね。
そんな感じで少しの積み重ねですが、オタクライフ充実のために節約生活を送ることができると思います。

 

ついでに

gigazine.net

新幹線のグリーン車が4割引き!?「ぷらっとこだまエコノミープラン」を解説

東海道新幹線に乗る機会は皆さんどのくらいありますか?日本で最初にできたこの東海道新幹線は、東京~名古屋~新大阪という「東名阪」の3大都市をつなぐ日本の大動脈になっています。

それだけに、新幹線を運行するJR東海も強気で、要はニーズが高いのだから値下げを極力せず、実際に値段が高く、「回数券割引」などもあまりありません。今回紹介する「ぷらっとこだまエコノミープラン」(http://www.jrtours.co.jp/kodama/)はそんなJR東海東海道新幹線にあって、大きく値下げが期待できるプランになります。知っておくとなかなかお得な旅ができますので紹介します。

ぷらっとこだまエコノミープラン」の概要

「ぷらっとこだまエコノミープラン」
通常、東京~新大阪間は、「のぞみ」だと約2時間30分で到着します。確かに早いですよね。下手な関東の僻地よりも短時間で行けてしまいます。

しかし、料金は高いです。

乗車券:8750円
自由席特急券:4780円
指定席特急券:5500円

_____________

つまり、

自由席の場合:13530円
指定席の場合:14250円


かかってしまいます。やはり結構しますよね。

そんな中で「ぷらっとこだまエコノミープラン」を利用すると10300円で行くことができます。何と3千円の得になります。これは利用しない手はないのでは?

しかし、「ぷらっとこだま」という名前の通りで、このプランは各駅停車のこだま号に乗るから新幹線料金を下げましょうというプランです。全行程、各駅のこだま号しか乗れません。

「こだま」の場合、東京~新大阪で見てみると約4時間かかりますから、「のぞみ」で行くよりも1時間30分長くかかります。各駅停車のこだまは、途中駅での通過待ちも多く(ほとんどの駅でのぞみやひかりが通過していきます)、線路で止まってしまうことも多いです。

JR東海の優先順位はのぞみ>>>こだまですから、何かトラブルが起きたときはのぞみの運行を最優先することになります。


ぷらっとこだまエコノミープラン」は旅行会社のツアーである

そもそも「ぷらっとこだまエコノミープラン」は「回数券」のように格安チケットではありません。新宿~京都や新大阪であれば回数券も売っているはずで、それならこだまだけではなくのぞみも乗れます。

ぷらっとこだまエコノミープラン」でもらえるのは、JRの磁気乗車券ではなく、旅行会社が発行するスケジュールとその乗車票です。「切符」ではないんです。あくまで「旅行商品」だと思ってください。旅行会社経由で申し込むと、宿泊券なども付いてきますよね。それが乗車票(とワンドリンク券)だけの「一人旅行」として処理されます。現地では勝手に行動してください、という「旅行商品」なんですね。

少し昔のものですがこういうものをもらいます。

f:id:okanenohanashi12:20170324083628j:plain

駅ではなく旅行会社に申し込む

これが一番大きいのですが、「ぷらっとこだまエコノミープラン」は駅のみどりの窓口などJR東海の各駅の窓口に行っても取り扱いはありません。駅では切符は売りますが、旅行商品を売ることはないからです。

ぷらっとこだまエコノミープラン」を買うことができるのは、旅行会社です。

具体的には

JR東海ツアーズの本支店
・電話
・インターネット
JTB本支店

電話とインターネットの場合、直接JR東海ツアーズに注文してカード決済になります。当日までに郵送されてくるはずです。ただし、郵送のタイムラグがあるので、出発5日前までしか注文できません。電話申し込みに限り、取りに来てくれるならば2日前まで可となります。

ただし、取りに来るくらいならば、JR東海ツアーズの本支店で直接手続きした方が早いです。

本支店がどこにあるのかは
http://www.jrtours.co.jp/shop/
を見てください。

東京でも東京駅、新宿駅、品川駅で取り扱いがあります。ここならば前日まで申し込みが可能です(当日は不可。「旅行」ですから)

JTB本支店もJR東海ツアーズに準じます。ただ、店員さんが慣れていないかもしれません。

「旅行」の申し込みをして、実際にもらえるのは

・乗車票(自動改札不可)
・1ドリンク券

のみです。1ドリンク飲める安い切符というのが正しいんでしょうが、あくまで「旅行」に申し込むというのが建前になります。


新幹線のチケットとは違うこと

ぷらっとこだまエコノミープラン」は切符ではないですから、通常の乗車券(切符)とは使い方が異なります。裏に磁気がなく、白い紙に印刷されているだけなのです。

自動改札機不可

駅ではなく旅行会社に申し込むのでもらえるのは「切符」ではなく裏が白い「乗車票」です。したがって通常の自動改札機を通ることはできません。申し込んだ時にもらえるかもしれませんが、駅員さんがいる改札を通ります。よく自動改札機の隅にいますよね。あの駅員さんに乗車票を見せて、改札印を押してもらいます。

下車するときも駅員さんのいる改札に行き、乗車票を渡します。自動改札が使えないと覚えておいてください。


指定の新幹線に乗れないと無駄になる

新幹線の「切符」ならば指定席を取った当該新幹線に乗り遅れても自由席には乗れますし、乗車券ならば2日~3日有効のものもあります。その新幹線の指定席には乗れないので、自由席に乗ってください、ということができますが、「ぷらっとこだまエコノミープラン」はその席に乗っていく旅行なので、遅れると使用不可になります。

バス旅行で乗り遅れた人が別旅行には参加できないですよね。切符ではなく旅行に申し込んでいるわけで、それに行かれない場合は無効になってしまいます。

旅行なので飲み物は付いてくる

ぷらっとこだまエコノミープラン」では1ドリンクチケットがついてきます。「旅行」という形態を残すため、食事などの要素を可能な限り削って、1ドリンクを残したと思ってください。「1ドリンクがある旅行」と「何もない切符」の違いです。

ドリンクは駅のキオスクや車内販売で引き換えてもらえます。ソフトドリンクは基本OK、お酒は高いものでなければ大丈夫です。1本のジュースですが、これが「旅行気分」

メリットは大きい

こうしたプランですが、やはりお得だと言わざるを得ません。仕事などでのぞみに乗る人はそれに乗るのが大切ですが、学生の貧乏旅行などではこちらのプランがいいでしょう。メリットについて考えましょう。

繁忙期でも使える

通常、JRの回数券などだと、繁忙期(暮れとお正月、ゴールデンウィーク、お盆)に使うことはできません。しかし「ぷらっとこだまエコノミープラン」は、ゴールデンウイークとお盆には使うことができます。

ただし、値段は閑散期よりも高めになりますが、正規料金も上がっていますので、どちらにしても得なのには変わりありません。

1か月前から予約可能

ぷらっとこだまエコノミープラン」は1か月前から予約できます。もし、あらかじめ旅行のスケジュールが決まっていれば早めに手続きしましょう。「ぷらっとこだまエコノミープラン」はすべてのこだま号に適用されるわけではないので(あとすべてのこだまが東京~新大阪間を走行するわけではない)、時間があるならゆっくり検討するのもいいでしょうね。

グリーン車にも格安で乗れます

ぷらっとこだまエコノミープラン」はグリーン車に乗った方がよりメリットがあります。

指定席(普通の席)だと

東京~新大阪 10300円(3840円引き)

ですが、自由席だと

東京~新大阪 11800円(7120円引き)

となり、割引率、割引価格ともにグリーン車のほうが大きいんです。通常の席の正規料金以下でグリーン車に乗ることができます。

こだま号とはいえ、グリーン車はさすがに快適です。PCやスマホ用の電源もありますし、何より席が広いです。雑誌などもおいてあり、時間をかけて新幹線を楽しみたいのであれば、せっかくだからグリーン車というのもいいと思います。

なかなかグリーン車に乗る機会がないですが、これなら通常の車両に乗るのと同じ(それ以下の)値段で乗ることができます。実は、この割引率が高いグリーン車に安く乗れることこそ「ぷらっとこだまエコノミープラン」最大のメリットだと思いますがいかがでしょうか?

ぷらっとこだまエコノミープラン」の注意点

切符ではなく旅行だよ~と書きましたが、具体的には以下のことに注意してみましょう。

途中下車無効

切符ではなく「△△→□□」までの旅行です。切符ならば途中下車しても問題ないですが(多少切符代金が無駄になるだけですが)、「ぷらっとこだまエコノミープラン」で途中下車してしまうと旅行が成立しません。したがって、欠席などと同じ扱いになってしまいます。

勝手に帰ってこなかったので、当然途中下車しても乗車票は無効です。

「新大阪→東京」の乗車票を持っている人が「新横浜」で下車した場合は、駅員さんに提出しても無効で、新大阪→新横浜の正規運賃をその場で支払うことになってしまいます。

よくJRの切符では「東京都区内」という記載があり、例えば、名古屋から東京までの新幹線の切符を買うと、乗車券に書いてあると思います。これは、東京駅で下車しなくても、JRを乗り継いで、23区内ならばどこでも下車できます。つまり、帰りの切符を買い直さなくてもいい(巣鴨や板橋でも下車できる)ものでしたが、「ぷらっとこだまエコノミープラン」では「→東京」とあれば、一旦は東京駅で必ず改札を通って乗車票を渡さないといけません。そうしないと旅行が完結しないからです。

乗車票を持ったまま池袋駅で降りようとしたら「東京駅まで戻ってください」と言われるかもしれません。


払い戻しはない

切符ならば事前に払い戻しができますが、これは旅行ですから事前に行けなくなった場合は旅行契約の解約になります。解約日がいつかによって、手数料や違約金が発生することになります。自分が「旅行」に参加したから、定員に達して参加できなかった人がいることをお忘れなく。

学割等の併用はできない

学割やジパング割りなどは利用できません。これらはあくまで切符の料金を割引するものです。繰り返しになりますが「ぷらっとこだまエコノミープラン」は「旅行」なので、こちらは利用できません。通常の割引切符と似て非なるものだと思ってください。

いかがでしたか??いくつか注意点を抑えれば、この「ぷらっとこだまエコノミープラン」、かなり使える節約方法だと思いますがいかがでしょうか?

まとめ

・「ぷらっとこだまエコノミープラン」は全行程こだま号に乗る格安プラン
・JR窓口で買う「切符」ではなくJR東海ツアーズが企画する「旅行」
・乗車票とワンドリンク付きのチケット
・添乗員はいない、自分で勝手に行動する
・乗車票は自動改札機不可、駅員がいる窓口で改札
・特にグリーン車に格安で乗れる
・その日、その電車、その指定席しか乗れない(後続の自由車には乗れない)
・途中下車無効、券面の駅で必ず降りる
・学割などとの併用はできない

会社の福利厚生は使えるのか使えないのか?福利厚生で旅行に行ってみた

皆さんの職場には「福利厚生プラン」ありますか?大きなカタログのようなものをもらって、リゾートホテルなどの割安プランが書いてあったり、英会話教室の入会金が半額なるクーポンがついていたり・・・、でも結局あまり使っていないという人が多いのではないでしょうか?

ホテルの宿泊プランならば、ネットで旅行会社のものを探せばもっと安いものも見つかるでしょうし、重くて漬物石にもならないので捨ててしまうという人多いかと思います。

筆者も過去に会社員だったことがありまして、実際に使えるのかな?と思っていましたが、1つだけ毎年使っていたものがありましたので紹介します。これはかなりお得で、皆さんの会社のものにもあるかもしれません。

宿泊利用補助券が出る

筆者が入っていたのは「CLUB-CCI」という商工会議所の会員である中小企業向けの福利厚生プランです。リロクラブという福利厚生代行業者が運営しています。

やはり年に一回分厚いカタログが届くんですが、場所を取るので困ったものでした。ホテルの割安プランンドが半分くらいを占めていますが、実際には旅行会社の割引プランのほうが使えます。

筆者使っていたのは「公共の宿」の「利用補助券」です。公共の宿、つまり「かんぽの宿」や「国民宿舎」はあまり豪華ではありませんが、廉価で利用できますよね。実は年に10枚くらい、この利用補助券が申請すればもらえたんです。補助額は1枚当たり2500円。

f:id:okanenohanashi12:20170323141040j:plain

流れはこうです。

①事前に公共の宿に直接連絡をして宿泊の予約をする(○○パック、○○プランの利用もOK)

②その後、CLUB-CCI事務局に申込書をFAXで送付

③数日後、当該宿泊日の「利用補助券」が送られてくる。

という流れです。もしキャンセルがあった場合は速やかに、CLUC-CCI事務局に届けます。
利用補助券自体は宿に提出してもうないのですが、一緒についてきた送付状を添付いたします。

サンレイク草木群馬県

f:id:okanenohanashi12:20170323141101j:plain

かじか荘(栃木県。29年9月まで改装休館中)

f:id:okanenohanashi12:20170323141115j:plain

ただでさえ安いのですが、この利用補助券を使うともっともっと安くなります。

実際の支払いはどうなった?

実際の会計が以下の通りです。10年近く前ですが、今でも料金はそれほど変わりません。

・サンレイク草木

宿泊費 7657円(夕食、朝食込)
利用補助券 2500円
____________
実際の支払い 5,157円

f:id:okanenohanashi12:20170323141135j:plain

・かじか荘

宿泊費 8865円(夕食、朝食込、夕食には鹿刺もつけました)
利用補助券 2500円
____________
実際の支払い 6,365円

f:id:okanenohanashi12:20170323141154j:plain

かじか荘は天然の露天風呂もあり、この値段で泊まれるとは思いませんでした。どちらも、ビジネスホテル(朝食はパンとコーヒーくらい)の価格で、豪華な夕食と朝食付きで宿泊できるのですから、お得ですよね。

旅行会社のツアーに乗っかるのではなく、自分でいかにして安く、満足ができる旅行を組み立てていくのか、私の場合は「利用補助券」が使える宿を組み合わせて楽しんでいました。

福利厚生プランは、民間のホテルや旅館でも使えますが

・旅行会社のプランのほうが安い
・割引になっても100円とか200円

というものが多いようです。一方で、公共の宿などでは、2000円~3000円の利用補助券が出るものがあるため積極的に使っていただくといいかもしれません。

公共の宿は税金が投入されていますから、割引をしてでも積極的に稼働率を上げないと、厳しい批判にさらされてしまうとうことがあるからなのかもしれません。

使い方次第で、会社の福利厚生プランは大いに活用できます。今回はその一例でしたが、皆さんの会社の福利厚生について一度振り返ってみてはいかがでしょうか?思わぬ「掘り出し物」があるかもしれません。

まとめ

・福利厚生では宿泊の利用補助券が出るところがある
・公共の宿は特に補助が出やすい
・公共の宿も最近は豪華になってきていて民間と遜色ない
・補助券は2500円前後と非常にお得
・事前に利用補助券の申し込みが必要になる
・ご自身の職場の福利厚生プランについて確認してみるとよい

 

福利厚生は面白い!関連ページ

bcp-manual.com